ヒプノセラピー

後悔と執着

行動に移したのに結果に納得いかない時。

納得出来なくても、行動した結果には意味があります。

「思い返せば」いくらでも別の方法は思いつくので『別の方を選べば良かった』と後悔することは出来ます。

私たちの脳は最善を選び続けているんですね。

後悔し続けるときは「ひとつの結果に執着している状態である」ことを理解しておきましょう。

この時の「結果に執着している状態」というのは実際に体験した自分より、過去の自分が想像したことを優先している状態です。

事が済んでしまった場合、実際に体験した経験が重要なはずです。

その経験で何を感じ、何を思ったのか。

そのための行動だったはずです。

体験した自分自身を感じましょう。

自分の選択は「その時」の「最善」だった。

後悔に溺れて自分を見失わず体験したことを感じ、選択した自分を信じましょう。

起きた事象に意味づけをしているのも自分自身です。

友人とケンカしたとして、その原因は

友人が意地悪だったから起きた、とするか

自分が悪かったからだ、とするか

友人が優しすぎたから起きた、とするか

神さまが起こしたことだ、とするか

そう言う風習だったから、とするか

そう言う予言があったからだ、とするのか。

いつでも意味を決めているのも

その感情の解釈を採用しているのも、自分自身です。

そうだと決めた感情、本当にそうでしょうか?

自分を納得させるために、ただの現象に意味を探したり、

解明されるはずのない相手の感情を推し量ることより、

自分がどんな感情を味わったのか。

これからはどんな感情で居たいのか。

どんな世界を感じて

どう生きていきたいのか

それに合わせて見方を変えることも可能なのです。

人は「○○がなければ○○になれない」
と思い込みがち。

よくあるのが「○○がなければ幸せになれない」という思い込み。

実際にそうでしょうか?

 

いつも自分がなにげなく感じていることを掘り下げて思考の癖や、それが本当に必要なのか考えてみてくださいね。

今のままでは

大切なものが無くなりそうになっている

大切な人が悲しんでいる

そこに気づいたらあと一歩です。

「○○がなければ〇〇になれない」

「○○にならなければ〇〇になってはいけない」

本当にそうでしょうか?

 

自分でつけた鎖は自分で外すことも出来ます。

一度すべてのものから解かれ、まっさらな気持ちで自分を見てあげてくださいね。

全ては自分の意思で出来てます。

今いる場所はそれぞれ自分で決めてきた選択の結果。

これから居たい場所も感情も未来は自分自身で決められますよ。

Roshio

皆様に「なんだか幸せな感じがする」そんな毎日を送ってほしいのです。

ジュエリーは身につけられる芸術品です。

ちょっとしたとき鏡に映る自分とジュエリーをみて、その美しさにため息が漏れる、そんな感動のひと時を味わっていただきたい。

ひとりひとり「感動」するポイントは違います。

感動はその人だけの本質、心の深い部分と繋がっており、感動することは心と魂の栄養です。

心の中が感動だけに包まれているとき、もうそれ以外のものは頭の中にありません。

感動ただ一つになるのです。

余計なことを考えず、自分の気持ちだけになる時間。

頭の中が感動だけになる瞬間、日常の思考からは離れ、頭の中は驚くほどクリアになります。

頭の中に空白が出来るとそこには新たな「GIFT」気付きが現れます。

考えてその時間を作ろうとしても普段は思考が邪魔をします。

しかし感動の中にいる間だけ何にも邪魔されずあなたの魂と心が確実につながっています。

自分がどんなことに感動するのか。何が好きなのか。余計なものに囚われず本心だけ――――

あなたの魂と繋がる感覚。

命が繋がってきたからこそ感じられる感情です。

この感覚を繰り返し味わっていただきたい。

自分の選択に自信を持って進んでいくことが出来るように。

無限の可能性と、

心の底から願う理想の未来を再確認しながら

「どんな自分で在りたいか」

をアンカリングさせていただきます。

催眠コーチング協会認定
ヒプノセラピスト
Roshio

おすすめ