カテゴリー
ヒプノセラピー

後悔と執着

行動に移したのに結果に納得いかない時。

納得が出来なくても、行動した結果には意味があります。

「思い返せば」いくらでも別の方法は思いつくので『別の方を選べば良かった』と後悔することは出来ます。

私たちの脳は最善を選び続けているんですね。

後悔し続けるときは「ひとつの結果に執着している状態である」ことを理解しておきましょう。

この時の「結果に執着している状態」というのは実際に体験した自分より、過去の自分が想像したことを優先している状態です。

事が済んでしまった場合、実際に体験した経験が重要なはずです。

その経験で何を感じ、何を思ったのか。

そのための行動だったはずです。

体験した自分自身を感じましょう。

自分の選択は「その時」の「最善」だった。

後悔に溺れて自分を見失わず体験したことを感じ、選択した自分を信じましょう。

起きた事象に意味づけをしているのも自分自身です。

友人とケンカしたとして、その原因は

友人が意地悪だったから起きた、とするか

自分が悪かったからだ、とするか

友人が優しすぎたから起きた、とするか

神さまが起こしたことだ、とするか

そう言う風習だったから、とするか

そう言う予言があったからだ、とするのか。

いつでも意味を決めているのも

その感情の解釈を採用しているのも、自分自身です。

そうだと決めた感情、本当にそうでしょうか?

自分を納得させるために、ただの現象に意味を探したり、

解明されるはずのない相手の感情を推し量ることより、

自分がどんな感情を味わいたいのか

どんな世界を感じて生きていきたいのか

それに合わせて見方を変えることも可能なのです。

人は「○○がなければ○○になれない」
と思い込みがち。

よくあるのが「○○がなければ幸せになれない」という思い込み。

実際にそうでしょうか?

 

いつも自分がなにげなく感じていることを掘り下げて思考の癖や、それが本当に必要なのか考えてみてくださいね。

今のままでは

大切なものが無くなりそうになっている

大切な人が悲しんでいる

そこに気づいたらあと一歩です。

「○○がなければ〇〇になれない」

「○○にならなければ〇〇になってはいけない」

本当にそうでしょうか?

 

自分でつけた鎖は自分で外すことも出来ます。

一度すべてのものから解かれ、まっさらな気持ちで自分を見てあげてくださいね。

全ては自分の意思で出来てます。

今いる場所はそれぞれ自分で決めてきた選択の結果。

これから居たい場所も感情も未来は自分自身で決められますよ。